ハノーバー町との友好都市

アメリカ合衆国 ニューハンプシャー州ハノーバー町 友好都市福島市二本松市

提携年月日

1999年7月30日

ハノーバー町 との交流経過

平成3年7月

21世紀を担う中学・高校生を海外に派遣し、国際理解を深めるとともに、国際的視野に立って社会活動に参加する人材を育成すること、また、二本松市出身の世界的歴史学者朝河貫一博士(写真)が教鞭を執られたイェール大学を訪問し、博士の業績について理解を深めることを目的として、<「市民の翼」中学・高校生海外派遣事業>が始まる。
イェール大学東亜図書館長金子英生氏の協力により、第1回「市民の翼」として、中学生6名、高校生6名、随行、引率指導者を含む計16名がイェール大学を訪問する。

朝河貫一博士の写真
朝河貫一博士

平成4年7月

第2回「市民の翼」を派遣する。14名の団員がイェール大学を訪問する。

平成4年10月

ダートマス大学卒業生で組織する日本ダートマスクラブが「朝河賞」を設立し、第1回授賞式に二本松市長が出席する。

平成5年4月

朝河貫一博士生誕120周年記念事業の打合せのため、日本ダートマスクラブ会長トーマス・シーモア氏他7名が本市を訪れたおり、朝河博士が学び教鞭を執られたダートマス大学ならびにハノーバー町へ訪問する協議がされた。

平成5年7月

第3回「市民の翼」を派遣する。団員17名が訪問する。ハノーバー町滞在中、学生団員はダートマス大学の学生寮に宿泊し大学生との交流を図った。

ダートマス大学構内の写真
ダートマス大学構内

平成6年7月

第4回「市民の翼」を派遣する。団員15名が訪問する。ハノーバー町滞在中、学生団員はダートマス大学の学生寮に宿泊し大学生との交流を図った。

平成7年7月

第5回「市民の翼」を派遣する。団員14名が訪問する。ハノーバー町滞在中、学生団員はダートマス大学の学生寮に宿泊し、大学生との交流を図った。

平成8年8月

第6回「市民の翼」を派遣する。団員15名が訪問する。ハノーバー町滞在中、学生はホームステイをして地元住民との交流を図った。

平成9年8月

第7回「市民の翼」を派遣する。団員15名が訪問する。ハノーバー町表敬訪問時、市長書簡により本市との友好都市提携について打診する。ハノーバー町滞在中、学生団員はホームステイをして地元住民との交流を図った。

平成10年7月

ハノーバー町と「交流促進に関する覚書」を取り交わすことを確認する。

平成10年7月

ダートマス大学FSP(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイとして本市に受け入れ、市民との交流を図った。

平成10年8月

市制施行40周年記念事業として、第8回「市民の翼」及び公式訪問団を派遣する。市長を団長に他19名が訪問し、ハノーバー町と「交流促進に関する覚書」を取り交わす。また、市制施行40周年記念式典への出席を招請する。
学生団員はホームステイをして地元市民との交流を図った。

平成10年10月

市制施行40周年記念式典にハノーバー町より評議会議長(町長)を団長に他7名が参加する。今後の交流促進に関する会談を行った。

平成10年10月

ハノーバー町評議会において、二本松市との友好都市提携が満場一致で議決する。

平成11年3月

市職員2名がハノーバー町を訪問し、友好都市提携に向けた今後の進め方について協議する。

平成11年6月

6月定例議会において、ハノーバー町との友好都市提携について議決する。

平成11年7月

市長他4名が公式訪問団としてハノーバー町を訪問し、7月30日に友好都市提携の調印式に臨み調印する。
また、団員15名からなる第9回「市民の翼」を派遣する。学生団員はホームステイをして地元市民との交流を図った。

平成11年10月

ハノーバー町代表団を迎えて、友好都市提携祝賀会を開催する。

平成12年7月

第10回「市民の翼」派遣。団長に丹治学校教育室長、他14名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成12年10月

友好都市提携を記念して、一般市民を対象とした「市民の翼」を派遣。 坂本教育総務課長他15名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。

平成13年6月

ジョンカーター氏を代表とするハノーバー高校のオーケストラ34名を本市に受け入れ中学校及び市民会館でコンサートを開催した。学生達は本市滞在中ホームステイをして市民との交流を深めた。

平成13年7月

ダートマス大学FSP(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 第11回「市民の翼」派遣。団長に懸田教育委員長、他14名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成14年3月

ダートマス大学室内合唱団が来日し、コンサートを開催した。

平成14年7月

ダートマス大学FSP(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 第12回「市民の翼」派遣。団長に水田収入役、他14名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成15年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 第13回「市民の翼」派遣。団長に後藤教育次長、他12名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成16年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 友好都市締結5周年を記念して、三保市長を団長、斎藤市議会議長を公式訪問団とする第14回「市民の翼」総勢14名を派遣。ダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。公式訪問団は友好都市締結5周年の記念レセプションに出席し、学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成17年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 第15回「市民の翼」派遣。団長に川崎康宏学校教育室長、ほか11名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成18年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 新二本松市となり初めての派遣となる、第16回「市民の翼」派遣。団長に水田二本松市助役、副団長に小泉学校教育課長ほか合併により市内7つの中学校から10名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成19年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 第17回「市民の翼」派遣。団長に佐藤総合政策部長、副団長に教育委員会鈴木指導係長ほか合併により市内7つの中学校から10名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成19年10月

イェール大学内に完成した朝河記念庭園の開園式に参加するため、水田副市長が朝河貫一博士顕彰協議会とともに訪問した。

平成20年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。 第18回「市民の翼」派遣。団長に高野会計管理者、副団長に教育委員会高島管理係長、市内7つの中学校から10名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成21年

平成21年 ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生の受け入れ、「市民の翼」の両事業とも新型インフルエンザの影響により中止した。

平成22年7月

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。
第19回「市民の翼」派遣。団長に三保恵一市長、副団長に教育委員会佐々木管理係長、市内7つの中学校から10名がダートマス大学及びハノーバー町、イェール大学を訪問。ハノーバーでは、受入でお世話になっているハノーバー町・ダートマス大学関係者との夕食会を開催し、親睦を深めた。学生団員はハノーバー町滞在中ホームステイをして地元の人達と交流を深めた。

平成23年 

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生の受け入れ、「市民の翼」の両事業とも東日本大震災の影響により中止した。

平成24年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受け入れ、市民との交流を図った。
第20回「市民の翼」派遣。団長に小泉教育長、副団長に教育委員会佐原管理係長、市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。東日本大震災の際にハノーバーよりいただいた支援や励ましのメッセージに対し、感謝を述べた。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

平成25年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受入れ、市民との交流を図った。
第21回「市民の翼」派遣。団長に齋藤総務部長、随行に二本松第一中学校教諭、市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

平成26年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受入れ、市民との交流を図った。
第22回「市民の翼」派遣。団長に新野市長、副団長に教育委員会粠田管理係長、市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

平成27年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受入れ、市民との交流を図った。
二本松市合併10周年を記念し、公式訪問団と第23回「市民の翼」派遣。団長に新野市長、副団長に中田前二本松市議会議長とし、市内各分野の代表者と市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。ハノーバー滞在中、公式訪問団は各公共施設の視察やハノーバー町・ダートマス大学関係者との夕食会を開催し親睦を深めた。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

平成28年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受入れ、市民との交流を図った。
第24回「市民の翼」派遣。団長に安部教育部長、副団長に教育委員会佐藤指導係長、市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

平成29年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受入れ、市民との交流を図った。
第25回「市民の翼」派遣。団長に佐藤福祉部長、随行に二本松第三中学校教諭、市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

平成30年

ダートマス大学LSA(日本文化研修)学生を2泊3日のホームステイで受入れ、市民との交流を図った。
第26回「市民の翼」派遣。団長に二本松市教育長丹野学、随行教育委員会長澤、市内7つの中学校から団員10名がダートマス大学及びハノーバー町、イエール大学を訪問。学生団員はハノーバー滞在中ホームステイをして、地元の人々と交流を深めた。

ハノーバー町概要

ハノーバー町サウスメインストリートの写真

ハノーバー町サウスメインストリート

ハノーバー町境界標識の写真
ハノーバー町境界標識

ハノーバー町庁舎の写真
ハノーバー町庁舎

  1. 位置:ボストンから202キロメートル、ニューヨークから483キロメートル
  2. 面積:88.02キロ平方メートル
  3. 行政種別:評議会制
  4. 人口:10,850人
  5. 世帯数:2,989世帯(2000年)

ハノーバー町位置

ハノーバー町全体マップ
全体マップ

ハノーバー町拡大マップ
拡大マップ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画財政課 企画調整係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5090 ファックス番号:0243-22-7023

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る