1. ホーム
  2. 仕事 働く方へ
  3. 農業
  4. 農業施策
  5. 耕作放棄地を活用しワイン用ブドウ栽培の実証事業を行っています

耕作放棄地を活用しワイン用ブドウ栽培の実証事業を行っています

二本松市地域農業再生協議会では、国の「耕作放棄地再生利用緊急対策交付金」を活用し、市内木幡地区においてワイン用ブドウ栽培の実証事業を行っています。
事業では平成27年度から29年度にかけて、地区内の1.2ヘクタールの耕作放棄地をブドウ畑として再生し、6,000本の苗木を定植しました。平成30年度からは、ブドウの種類別及び栽培方法別に実証を行い、31年度の秋にブドウを収穫する予定です。
実証栽培を行うことで、年々拡大している中山間地における耕作放棄地を解消させる一例として、ワイン用ブドウの栽培方法を確立し、普及させることがねらいです。
ワイン用ブドウ栽培について取り組みをお考えの方は参考にしてください。
また、耕作放棄地の解消や苗木の導入に対する助成事業もございますので、お気軽にご相談ください。

 

事業概要

事業名

耕作放棄地再生利用緊急対策交付金事業(一般型)

 

実施場所

二本松市木幡字栗ケ作および当方内地内

 

実施面積

1.2ヘクタール

 

事業内容

耕作放棄地を活用したワイン用ブドウ畑の整備と実証栽培

 

実施年度

平成27年度~平成31年度

 

これまでの経過と今後の予定

平成27年度

  • 2~3月 伐採、抜根、整地による耕作放棄地再生作業

平成28年度

  • 4~9月 農地保全管理
  • 9月~ 施肥、耕耘等の土づくり作業
  • 9月 先進地視察研修(山形県上山市)

平成29年度

  • 5月~ ブドウ苗木の定植、栽培管理作業(防除、草刈り、誘引、剪定等)
  • 5~7月 ブドウ棚の整備
  • 9月 先進地視察研修(宮城県仙台市)

平成30年度(予定)

  • 4月~ 栽培管理作業(防除、草刈り、誘引、剪定等)
  • 11月 現地説明会の開催
  • 3月 雨除け設備の設置

 

平成31年度(予定)

  • 4月~ 栽培管理作業
  • 10月 ブドウ収穫、試験醸造(品種、栽培方法別)

 

01再生作業前(平成27年9月)
再生作業前(平成27年9月)
02再生作業後(平成28年3月)
再生作業後(平成28年3月)
 
    
     03苗木定植後(平成29年6月)           04定植した苗木(平成29年6月)
       苗木定植後(平成29年6月)             定植した苗木(平成29年6月)
 
    
     実証ほ視察研修事業(山形県)             実証ほ視察研修事業(仙台市)              
      視察研修の様子(山形県上山市)             視察研修の様子(仙台市)
 
 
 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課 農産振興係です。

電話番号:0243-55-5117 ファックス番号:0243-22-8533

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る