水道の管理区分について

水道管の管理区分

  • 道路に埋められた太い水道管を配水管といいます。
  • この配水管から分かれて、分水栓、家庭まで引き込まれた給水管、止水栓、メーター、蛇口などの器具を総称して「給水装置」と呼んでいます。
  • 集合住宅、中高層ビルなどは、分水栓から受水槽のボールタップ(水を自動的に出したり、止めたりする装置)までが「給水装置」です。
  • 水道課で管理しているのは、地中に埋設している配水管までとなっています。
  • 配水管より分かれている給水管から各蛇口までは、お客様の持ち物となります。
    ※共同管もお客様の持ち物となります。
  • 凍結による水道管破裂や老朽化による漏水などの水道料金は、お客様の負担となります。
  • 日頃から凍結防止や水道施設の点検に努めましょう。

水道管の管理区分

水道メーターボックス

  • メーターボックスの中には、逆流防止バルブと水道メーターがあります。
  • 逆流防止バルブは、水の逆流を防止し、止水栓や不凍栓を兼ねます。バルブ式やレバー式のものもあります。
  • 水が流れると水道メーターの銀色のパイロットランプが回ります。
  • すべての蛇口を閉めているのに、パイロットランプが回っている場合には、漏水の可能性があります。
  • 水道メーターは水道課がお客様に貸与するもので、正確に計量するため計量法に基づき、8年おきに検査を受けたものと交換します。

パイロットランプ

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上下水道課 水道管理係です。

電話番号:0243-55-5135 ファックス番号:0243-62-1033

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る