水道管の凍結防止について

水道管の凍結を防止するには

  • 毎年、冬期間になると水道管の凍結による破損が相次いで起きています。
  • 水道管は、気温マイナス4度以下になると凍結・破裂する可能性が非常に高くなります。普段使用していない蛇口などは注意が必要です。
  • 給水装置はお客様個人の所有であるため、破損してしまうとお客様(所有者)が修理費用を負担しなければなりません。
  • 寒さに備えてお客様が水道管の防寒対策を行うことにより、快適な冬を過ごすことができます。

水道管の凍結防止方法

  • 冷え込みが厳しい時は、必ず水抜栓の操作を行ってください。
    ※中途半端に回すと水漏れが続く仕組みになっていますので、開け閉めの際は、最後までしっかりと回してください。
  • 水抜栓がない場合は、蛇口から水を箸1本くらいの太さで出しておくと凍結の防止に有効です。
    ※出した分の水については、料金がかかりますので出し過ぎにはご注意ください。

屋外水道管の防寒方法

  • 露出している水道管や蛇口には、市販の保温材や電気式の凍結防止帯を巻くと効果的です。
  • 発泡スチロール製の保温材や凍結防止帯は、ホームセンターなどで取り扱っています。

メーターボックス内の防寒方法

  • メーターボックス内にメーター保温材を入れて外の空気が侵入しないようにしてください。
  • また、メーターボックスの側面が露出している場合は、ボックスの上面が見える程度まで「砂や土」で埋めてください。
  • 次のものを小袋などに詰めるとメーターの保温材の代わりに利用できます。
    発泡スチロールを5cm四方にしたものなど

水道管が凍結してしまったら

  • 水道管が凍結してしまったら、タオル等をかぶせ、その上からぬるま湯をかけてましょう。
  • 熱湯をかけたり、凍った状態で無理に蛇口をひねったりすると破損することがあるので注意しましょう。

破裂してしまったら

  • 蛇口や水道管が破裂してしまったら、まずは止水栓(水抜栓)を閉めて水を止めましょう。
  • もし止水栓(水抜栓)が見つからない時は、破裂したところにタオルなどを巻きつけて水が吹き出るのを防ぐなどの応急処置を行ってください。
  • 凍結破損等による修繕は、指定給水装置工事事業者に依頼してください。
 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課 水道業務係です。

電話番号:0243-55-5137 ファックス番号:0243-62-1033

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る