1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 教育・スポーツ
  4. 文化・歴史
  5. ふるさと人物史
  6. 二本松藩西洋医学の先駆者 小此木天然(おこのぎ てんねん)

二本松藩西洋医学の先駆者 小此木天然(おこのぎ てんねん)

二本松藩西洋医学の先駆者
小此木 天然(おこのぎ てんねん):1785年~1840年

小此木天然

近世初期のわが国の医学は、漢方医が中心でした。二本松藩にも田村・全田・長野・関屋氏など数多くの名医が知られています。
近世後期、二本松藩は奥州諸藩の中では仙台藩に次いで西洋医学の盛んな藩の一つに挙げられています。
その先駆者として活躍したのが、小此木天然でした。

天明5年、江沼氏の子として出生、小此木家に婿養子に入りました。
同家初代の屋之は長崎に遊学して外科を学び、帰藩し松岡町で開業。二代貞安は寛政元年(1789年)、側医に召し抱えられ百石を給されています。
天然は、同家の三代として跡を継ぐことになりました。緯は利擇(りたく)、字は祐民(ゆうみん)、号を天然、通称を玄智(げんち)と称しました。

祖父・父の業を受け継ぐことに対して、自分の力量に疑問を感じた天然は、外科を学ぶ志を立て、単身笈(おい)を背負って長崎の地に向かいました。
到着してすぐに、通訳者の吉雄永民・永保についてオランダ語と医学現況を学び、のちにシーボルトの門下生となったのです。シーボルトのもとでは、従来の本邦医学界にはみられなかった臨床実験と解剖学について学びました。
この間、シーボルトの指導もあり、ある婦人の乳ガンの手術を執刀成功し、患者は全快したといわれています。
また、手術の手際良さをみたシーボルトは、天然の技に深く感じるものがあったともいわれます。
さらに、通訳者の木本正栄も天然の奥義を深く感じ、当時新たに輸入された西洋医学の内科・外科の書を贈りました。その本を日夜攻究し、さらなる知識を会得した天然は帰藩しました。

二本松に帰った天然のもとには、多くの門下生が押しかけました。天然はとくに門人の実地指導のため、初めて藩の許可を得て刑死者の解剖を行っています。また、その体験をもとに『骨譜』という医学書を著しました。
さらに、人体骨格標本を藩校敬学館の医学寮に寄贈していますが、人々はその精緻さに驚嘆したといわれています。
文政7年(1824年)8月15日夜、安達太良山系・鉄山の直下にあった初期岳温泉が、大雨による土石流で一瞬のうちに押し流され63名の犠牲者を出す大惨事となりました。
報を受けた天然は、救護のため門下生を引き連れ現地に急行しました。その凄惨な状況を目の当たりにした天然は、冷静な判断による応急処置を行い、万死に一生を得た者が数知れなかったといわれています。

天然には、利玄(りげん)と利韋(りい)という二人の子供がいました。死を前にした時、まくら元に呼んで、「君(藩主)に仕えて忠を尽くせ、友に交じって信を致せ、是れ汝曹処世(なんじつかさどるしょせい)の道なり」と教え訓じました。
そして、天保11年11月11日安らかな臨終を迎えました。享年56歳、心安寺(当時久保丁所在、明和の大火で焼失、明治元年大隣寺に合併)に埋葬され、翌年門下生により顕彰碑が建立されています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る