1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 教育・スポーツ
  4. 文化・歴史
  5. ふるさと人物史
  6. 二本松藩随一の刀工 古山陸奥介弘元(ふるやまむつのすけひろもと)

二本松藩随一の刀工 古山陸奥介弘元(ふるやまむつのすけひろもと)

二本松藩随一の刀工
古山陸奥介弘元(ふるやまむつのすけひろもと):1778年~1843年

古山陸奥介弘元

“武士の魂”といわれる日本刀。旧二本松藩では、数多くの刀工が知られています。
その中でも、藩随一と称され、他藩からの作刀注文が殺到した刀匠が、古山陸奥介弘元でした。

弘元は安永7年、二本松藩の鉄砲鍛冶古山久四郎の末子として出生、幼名は東蔵(とうぞう)、のちに幸之進(こうのしん)と改称しています。また、諱(いみな)を国秀(くにひで)、宗次(むねつぐ)、弘元と称しました。古山家は代々鍛冶屋で、父の代に鉄砲鍛冶を本業としています。
20歳のころ、仙台に出て刀匠十一代国包(くにかね)の門人として、修業を始めました。

文化2年(1805年)江戸に上り、当時天下一の刀匠と称された水心子正秀(すいしんしまさひで)の門人となり、さらに厳しい鍛錬を重ねます。ほかにも、同郷の安積艮斎(あさかごんさい)を介して昌平學(しょうへいがく)塾長で儒学者の佐藤一斎について勉強に励み、また蘭学者の司馬江漢(しばこうかん)に師事し、西洋科学の研鑽を積み、焼き刃・湯加減や刀剣発錆の理論を会得し、鍛刀技法に活用しました。
文化6年に弘元と改め、同8年に『刀を作る記』、文政3年(1820年)に『刀剣見利書(みききしょ)』を著すなど、江戸でその名が知れわたるようになりました。さらに、自作刀を試すために武士道にも心がけたらしく、文武に精通する刀工に成長したといわれています。

文政4年5月には師正秀より免許皆伝の「剣工秘伝志」が伝授され、いよいよ弘元の鍛刀技術の評価が諸藩の大名にも届くことになり、作刀依頼が相次いだといいます。
そして、同年10月13日に「陸奥介」を口宣(くぜん)(口頭による勅命)されました。“介(すけ)”の拝領に当たってはエピソードが残されています。
“守(かみ)”や“介”等の叙位を拝領するためには、莫大の金と献上物が必要でした。弘元の場合も同様で、献上用の刀剣百振と大金を準備し、京都へ上りました。
刀匠手柄山正繁(てがらやままさしげ)を介して、拝領代理人の刀匠伊賀守金道(いがのかみかねみち)に上位の“守”を願い出たところ、廃止になっていることを伝えられ、一つ下位の“介”で我慢をせざる得ませんでした。京都に滞在すること40日余り、ようやく朝延より口宣されたのでした。

弘元の名声を聞いて、諸藩より召し抱えの申し出が相次いだため、時の藩主丹羽長富は帰藩を命じました。それ以降、藩お抱え刀工として藩士用の作刀に専念、また藩主の意を汲んで他藩からの注文には応えなかったといいます。
刀銘には、「二本松住古山宗次」「陸奥介弘元」「古山陸奥介弘元」「古山陸奥介藤原朝臣(あそん)弘元」等があります。
天保14年5月27日死去、享年66歳、市内亀谷光現寺に眠っています。
市歴史資料館には、弘元の作刀二振が展示されています。そのうち、文政7年に作刀された長さ62.4センチの一振は、日本芸術刀剣保存協会から「甲種特別貴重刀剣」の認定を受けています。また、雄山閣出版の『新版日本刀講座』に名刀匠の代表作として当刀が掲載され、“この刀は、師水心子によく似た出来映えである。”との評価が付されています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る