1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 教育・スポーツ
  4. 文化・歴史
  5. ふるさと人物史
  6. 「戒石銘碑」誕生の功績者 岩井田昨非(いわいだ さくひ)

「戒石銘碑」誕生の功績者 岩井田昨非(いわいだ さくひ)

「戒石銘碑」誕生の功績者
岩井田 昨非(いわいだ さくひ):1699年~1758年

岩井田 昨非

政界の不祥事が発覚するたびに大きくクローズアップされる戒めの言葉、ご存じ「旧二本松藩戒石銘碑」ですが、この刻石を藩主に進言したのは、藩儒学者の岩井田昨非でした。

昨非は、元禄12年下野国芳賀郡(現栃木県)に出生(名は希夷(きい)、通称を舎人(とねり)、号を昨非)、のち幕府儒官の桂山彩巌(かつらやまさいげん)に師事し、儒学を極めました。その頃、二本松藩では五代藩主丹羽高寛(たかひろ)公が藩政改革の懸案に苦慮し、また家老丹羽忠亮(ただすけ)もその打開策に苦悩していました。
忠亮は親交のあった桂山に相談したところ昨非が推薦され、享保19年(1734年)百五十石で召し抱えられることになったのです。

昨非の学風は講話・思想よりも政治・経済の実学をもって本義としていました。
二本松に着任した当時、藩土の中には武士とはいっても満足に読み書きできる者が少ない状況にあったといわれています。昨非は藩主・家老の後ろ楯により、重臣・藩士らの反対を押し切り、文武両道の義務化等の教育制度をはじめとして軍制・士制・刑律・民政などの重要施策を次々と改革していきました。
特に、刑律では耳ぞぎ・指一つ切り・両足大指切り・焼きごてなどの残虐な刑罰を禁止し、民治の面では藩公外遊の際には、先触れなどの煩雑な制度を廃止して農民の作業の妨げとなるのを防ぎ、また出先の民家で長い時間にわたる昼食がないように、弁当持参の原則を確立したといいます。さらに、藩士教育では毎月城内において三日、昨非自宅において六日間の講義を行うことで教育普及にも力を注いだともいわれています。

寛延2年(1749年)は凶作の年でした。ちょうどこの年、昨非の進言で藩政改革と綱紀粛正の指針として、藩士を戒める目的で「戒石銘」が藩主の命により刻まれました(五代藩主は既に隠居し、六代藩主高庸公の治世でした)。各村では年貢米の減免を訴えている状況下、一修験僧が戒石銘の解釈を「下民は欺き易く、虐げても民の膏脂をしぼり、もってなんじらの俸祿とせよ」と誤って伝えました。そのため、農民の間に憎悪の感情が広がり、加えて平常、昨非に反感を抱いていた者達の扇動もあって、農民集団による一揆にまで発展しました。城中では直ちに会議を開き善後策を協議、この騒動は昨非の責とする声が多数を占めたため、自ら一揆鎮圧に向かいました。そして、静かに真の意味を説き聞かせた結果、暴徒は両手をつき頭を垂れ、中には感激のあまり涙にむせぶ者もいたといいます。

誤解を解き、一揆は解決しましたが、反昨非派からの批判はこの時とばかりに日一日と高まりました。さすがの昨非も病と称して出仕遠慮の意志を固め、ついに宝暦3年(1753年)辞職、以後、詩作の生活を送り、同8年3月14日病没。市内台運寺の最高台に、臨終のとき詠んだ一編の漢詩を刻んだ墓石の下に眠っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る