上川崎和紙

上川崎和紙

種別

重要無形文化財 工芸技術

指定年月日

平成5年3月23日

所在地

二本松市上川崎字本仏谷53

所有者(管理団体)

上川崎和紙生産保存会

概要

上川崎地区は、千年以上の歴史を誇る手漉き和紙の産地です。
その起源は、平安中期に冷泉天皇の時代に始められたと伝えられ、「みちのく紙」と称され、紫式部や清少納言たちに愛された「まゆみがみ」はここで漉かれたといわれています。

川崎紙の起源

上川崎村郷土誌によれば『人皇63代後冷泉天皇の御宇、康平年中(1058年)、本村川之端、栗舟渡場のあたりにて、紙漉くことの業を創め、それより伝習を受くるもの加わり、本村は更なり。小沢・下川崎・沼袋の各村に至るまで普及するに至れり。後世に至りて本村塩え田に磐前舎人という者来りて、従来の製法に若干の改良を加えたり』とある。

二本松市和紙伝承館

現在では「道の駅安達」隣の二本松市和紙伝承館にて、作品の展示販売のほか和紙すき体験も行えます。

二本松市和紙伝承館01二本松市和紙伝承館02二本松市和紙伝承館03

詳しくは道の駅安達ホームページまたは二本松市和紙伝承館ホームページをご覧ください。
または下記へお問い合わせください。

二本松市和紙伝承館
住所:〒9609ー1511 福島県二本松市下川崎字上平33ー1
電話:0243ー61ー3200 Fax:0243ー54ー2688

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る