隠津島神社三重塔

隠津島神社三重塔

種別

有形文化財 建造物

指定年月日

昭和30年12月27日

所在地

二本松市木幡字治家49-1

所有者(管理団体)

隠津島神社

概要

昭和30年県の重要文化財に指定されたこの三重塔は、室町時代の文明4年(1472年)に建立されましたが、天正年間伊達政宗の兵火によって全山炎上した際、三重塔だけが残りました。延宝2年(1674年)二本松藩主丹羽重公により修復されましたが、明治35年の大暴風により第1層を残して倒壊し大修理したものが現存しています。
福島県遺存塔は少なく、会津高田の「法用寺」・いわきの「高蔵寺」と当社の三基であります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る