二本松城跡のイロハカエデ

二本松城跡のイロハカエデ

種別

天然記念物

指定年月日

平成12年4月1日

所在地

霞ケ城公園内(二本松市郭内三丁目232番地)

所有者(管理団体)

二本松市

概要

「傘マツ」の西、園路の左斜面下部に植えられているイロハカエデである。
根元は斜面にそって西側が東側より1.3mほど高く、高所面における根回りが3.5mあり、高所の根元から約0.5mのところで3本の幹(幹囲2.1m、1.8m、1.4m)に分かれ、さらに上部で枝分かれし、東西17m、南北15mに枝を張り、樹高が約12mでやや南東に傾いている。
小枝が複雑に張り楓特有の樹形を示すとともに、幹は所々こぶ状をなし古木の観を呈し、秋季には見事な紅葉を見ることができる。樹齢350年から400年であるが樹勢は旺盛である。
二本松城においては、寛永年間から明和年間にかけて「るり池」周辺の回遊式庭園をはじめとする庭園の整備が行われており、そのとき植えられたと思われる楓の古木が多く見られ、このイロハカエデはその代表的なものである。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る