愛蔵寺の護摩ザクラ

愛蔵寺の護摩ザクラ01愛蔵寺の護摩ザクラ02

種別

天然記念物

指定年月日

昭和55年8月29日

所在地

二本松市戸沢字細田10

所有者(管理団体)

愛蔵寺

概要

愛蔵寺本堂前庭にあって地面に接するほど枝を垂れ、花時には三春の滝桜のように美しい姿を見せます。
真言宗松尾山愛蔵寺の旧跡は字麓山の中腹にあり、草創以来2度の火災に遭っています。ある火災の折、秘密護摩礼が空中に飛来してこの桜の枝に留まったので、「愛蔵寺の護摩桜」の名があります。
現寺跡に移って以来、樹姿、花の量が変わらないので「育たぬ桜」ともいわれています。樹種はベニヒガンザクラの一種で、4月下旬の開花期に噴水がしたたるように紅色の花をつけそれは見事です。

樹齢

推定300年

樹高

9.8m

胸高周囲

3.3m

根元周囲

4.4m

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る