原瀬の長獅子

原瀬の長獅子

種別

無形文化財 民俗

指定年月日

昭和51年7月21日

所在地

二本松市原セ諏訪232

所有者(管理団体)

原瀬民俗芸能保存会

概要

諏訪神社の本祭りの8月27日に、神前と神輿渡御に供奉してお旅所で演じられる獅子神楽である。地元では「長獅子」あるいは「小神楽」と呼んでおり、さらに演じるのは俗に向方といっている6つの屋敷の氏子であるところから「向方神楽」ともいっている。
幕末まで二本松藩では御用神楽師をおいていたためか、領内各地に獅子神楽があったが、いずれも廃絶し、現在は原セ地区のみである。
神楽は4曲の舞からなり、他に神楽七芸といわれる余芸も数種ある。道化の所作などは、ユーモラスで大道芸的な傾向が強く、祭礼に付属した庶民の芸能の典型的な例として貴重である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る