神楽奉楽の図

神楽奉楽の図

種別

有形文化財 民俗

指定年月日

昭和55年9月16日

所在地

二本松市鈴石町41

所有者(管理団体)

鈴石神社

概要

縦116cm、横180cm。明治13年(1880年)、奉納者佐藤忠作外30名が連記されている。
作者は、大原文林である。図柄は神楽の奉楽の図で、この種の形式は空間の表現と人物の配置が主たるものとなる。
人物は変化に富み、それぞれに運動感が見られて面白く、視線を右から左へ流す横長の画面に、右に絵、左に文字をおく構成は絵巻に始まる形式である。
俯瞰図法は大和絵の方法であり、文林が描いた絵馬として貴重である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る