松の木を折るの図

松の木を折るの図

種別

有形文化財 民俗

指定年月日

昭和55年9月16日

所在地

二本松市西町268

所有者(管理団体)

杉田八幡神社

概要

縦71cm、横98cm。慶応3年(1867年)、奉納者斎藤幸吉の願文が記されている。
作者は大原文林で、絵は文林の自由奔放な技法の妙に欠ける作品であるが、その手馴れた筆さばきには、得意ない心境が躍如としている。
画面一杯に曲がりくねった大木、へし折られ、はじけて割れる幹の弾力性に男の凄さが見られる。また、筋肉の表現、人体の運動のわりには、腕は微力幹の重量感がやや乏しい。しかし、誇張された狩野派の技法であり、完形にまとめたもので、文林が描いた絵馬として貴重である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る