双松館観桜連中の図

双松館観桜連中の図

種別

有形文化財 民俗

指定年月日

昭和55年9月16日

所在地

二本松市二伊滝1-81

所有者(管理団体)

龍泉寺

概要

縦91cm、横182cm。二本松城は戊辰戦争により慶応4年(1868年)7月29日炎上、落城した。その後、城跡に二本松製糸工場ができ、さらに明治18年(1885年)山田脩により機械製糸工場である双松館が発足した。
図柄は、この双松館での花見風景であり、高い石垣上には工場が立ち並び、桜下に観桜の男女を描いている。左端に「奉納 明治三十年(1897年)旧三月十八日 双松館連中」と大書し、右下端に作者として「応需嶂渓」と記されている。
当絵馬は、本市はもとより本県産業文化史上、得がたい資料である。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る