木造阿弥陀如来立像

木造阿弥陀如来立像

種別

有形文化財 彫刻

指定年月日

昭和55年9月16日

所在地

二本松市根崎1-249

所有者(管理団体)

善性寺

概要

像高109cm。寄木造り、玉眼嵌入の本格的漆箔像で、上品下生印(阿弥陀印)を結ぶ通肩から胸部、腹部をおおい、大腿部にかけてY字型を描いて流れる衣文の彫刻は古風で、快慶様式をとるが宝髻は低く、螺髪の1列目が下方を向き、また髪際線が額中央で下にカーブするなど、中国宋風の影響を反映している。
地方では、貴重な遺宝であり、鎌倉時代中期を下らない頃の製作であろう。右手がやや窮屈なのは、後世の付けかえである。なお、厨子には「延亭元年子八月日」(1744年)の銘があり、さらに会津瀧沢町の仏師による製作であることがわかる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る