木造釈迦涅槃像

木造釈迦涅槃像の正面

種別

有形文化財 彫刻

指定年月日

昭和55年9月16日

所在地

二本松市根崎1-249

所有者(管理団体)

善性寺

概要

像高182cm。寄木造りの漆箔像。右手を曲げて北枕する釈迦通例の涅槃像である。衣の上に袈裟をつけ、衣文線は複雑で、特に両足の表現にかたさがあり、時代が下ることを示している。
製作年代は、江戸時代であり、ほとんど損傷がなく見事である。
涅槃像は、絵像の方は県内にも会津若松市・観音寺の応永15年(1408年)銘のものをはじめ、近世にかけての作品が数多く現存するが、彫像は例が稀少で極めて貴重である。関東地方でも、茨城県稲敷郡新利根村阿弥陀寺など2、3例を数えるにすぎない。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る