「直違の紋」

正しくは「直違の紋」二本松では「違い棒」とも言っている。

この紋のおこりについて、従来の伝えでは長秀公の馬印(大将の存在を示すしるし)は、竹の枝に金の短尺をさげた飾りつけたものであって、「えづる竹に金の短尺」と称されていた。
合戦がすんで、この馬印をみたら、奮戦のために短尺は散って二枚だけの短尺が、バッテン十字状に残っていたので、それが、丹羽家の紋となった。

別説がある。
合戦のあとで、血の付いた刀を袖で拭ったあとに、バッテン状に血のりがついたので、秀吉から
「家紋としたがよかろう」
との言葉があって、この紋と定められた。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る