1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 安心・安全
  4. 東日本大震災関連
  5. 東日本大震災による被災者への支援等について

東日本大震災による被災者への支援等について

被災者生活再建支援金

現に居住している家屋が著しい被害を受けた世帯に対し、被災者生活再建支援金を支給します。
申請期間が令和2年4月10日まで延長されました。

実施主体

公益財団法人都道府県会館

受付窓口

二本松市保健福祉部福祉課
電話:0243-24-5063

対象となる被災世帯

  1. 住宅が全壊した世帯(全壊世帯)
  2. 住宅が半壊し、または住宅の敷地に被害が生じ、やむを得ない事由により、その住宅を解体し、または解体されるに至った世帯(解体世帯)
  3. 災害による危険な状態が継続し、住宅が居住不能のものとなり、その状態が長期にわたり継続することが見込まれる世帯(長期避難世帯)
  4. 住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ住宅に居住することが困難である世帯(大規模半壊世帯)

支給額

支給額は、次の2つの支援金の合計額(世帯人数が1人の場合は、各該当支給額の4分の3)

住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)

基礎支援金
住宅の被害程度 全壊
上記に該当
解体
上記に該当
長期避難
上記に該当
大規模半壊
上記に該当
支給額 100万円 100万円 100万円 50万円

住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)

加算支援金
住宅の再建方法 建設・購入 補修 賃借
(公営住宅以外)
支給額 200万円 100万円 50万円

申請期限

基礎支援金・加算支援金 令和2年4月10日まで

必要書類等

住民票、預金通帳の写し、罹災証明書等
※詳しくは福祉課へお問い合わせください。

災害援護資金の特例措置が施行されました

貸付対象者

災害により負傷または住居、家財に被害を受けた世帯で、災害弔慰金の支給等に関する法律施行令に定める所得基準に該当する世帯主

貸付限度額

  • 家財の3分の1以上の損害:150万円
  • 住居の半壊:170万円
  • 住居の全壊:250万円

利率

年1.5%(保証人を立てる場合にあっては無利子)(※)

据置期間

6年(※)(特別の場合8年(※))

償還期間

13年(※)(据置期間を含む)

償還方法

半年賦元利均等償還

保証人

保証人をたてなくてもよい(※)

申請期間

令和2年3月31日まで(※)

(※)部分が特例措置となります。詳しくは、下記までお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉課 地域福祉係です。

電話番号:0243-24-5063 ファックス番号:0243-22-1547

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る