洪水(浸水)

避難時の心得

  • ラジオ・テレビ等で最新の気象情報、洪水情報を入手しましょう。
  • お年寄りや子どもは、早めの避難が必要です。
  • 避難するときの荷物は必要最低限にし、2人以上での避難を心がけましょう。
  • 徒歩で避難しましょう。車を使っての避難には、危険が伴うことがあります。
  • 洪水による水の流れは、場所によって相当速いことが予想されます。避難時には、水の流れの速さにも十分注意しましょう。
  • 市役所などから避難の呼びかけがなくても、各人が洪水やがけ崩れなどの危険を感じた場合には、声をかけ合って自主的に避難しましょう。
  • もし避難する余裕がなければ、建物の高所に移るなど生命を守る行動をとりましょう。


災害情報の伝達経路

避難勧告・避難指示等は、下図のように住民のみなさんに伝達されます。

避難勧告・避難指示等の伝達経路図

気象・水位情報入手先



洪水に備える

避難に関する情報

大雨や台風により、河川が増水し、災害がおこる恐れがある場合や、災害が発生し避難の必要がある場合には以下のような広報を実施します。このような場合には自主的な情報の収集をお願いします。

避難等の種類 市などが行う広報活動(例) 住民のとるべき行動
避難準備・高齢者等避難開始 ただいま△△川の水位が警戒水位を超えています。引き続き大雨による浸水や土砂災害(・強風)に十分注意してください。避難に時間を要する方は避難を開始しましょう。 雨の降り方等に注意し、状況によっては避難できるように持ち物の準備などをする。ご高齢の方や障がいのある方、乳幼児がいる方は早めに避難を開始する。
避難勧告 ○○地区のみなさん、△△川の水位が急激に上昇しています。避難準備を終え、直ちに避難してください。 避難対象地域内の全ての住民は、指定避難場所に避難する。自動車による避難はやめる。

避難指示
(緊急)

○○地区のみなさん、△△川の堤防が□□付近で決壊する危険があります。直ちに××に避難してください。 避難中の住民は避難を直ちに完了する。避難を開始していない住民は直ちに避難を開始する。夜間で周辺の状況がわからない場合や、避難の余裕が無い場合は、建物の高所(2階など)に移るなど、危険回避の行動をとる。


浸水想定区域図

浸水想定区域図【二本松市街地】 [PDF形式/1.41MB]

※浸水想定区域図は、平成20年3月作成の二本松市防災マップを転載したものであり、この地図は、二本松市長の承認を得て、10,000分の1の二本松都市計画図を複製したものである。(承認番号:14都計第68号 平成14年3月29日)



関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 市民生活係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5102 ファックス番号:0243-22-4479

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る