1. ホーム
  2. 暮らし・手続き・環境
  3. ごみ・し尿
  4. スプレー缶やカセットボンベの穴開けにご注意ください

スプレー缶やカセットボンベの穴開けにご注意ください

家庭で使用したスプレー缶(カセットボンベ、殺虫剤、ヘアスプレーなど)のごみの出し方は、穴を開けて、破砕するごみ袋(ピンクのごみ袋)に入れて出していただくルールとなっています。
昨今、廃棄する際のスプレー缶やカセットボンベの穴開けが原因とみられる火災による死傷事故が繰り返し発生しています。
火災や事故を防ぐために次の点に注意しましょう。



缶の中身を完全に使い切る

ガスが残ったままごみに出すと発火事故の原因になり非常に危険ですので、缶の中身を完全に使い切ってからごみに出してください。
スプレー缶に中身の出し方が書いてある場合はそのとおりにしてください。
残ったガスを出し切るための「中身排出機構(残ガス排出機構)」がついている場合があります。
缶を振って音がしたらまだガスが残っています。カセットボンベは最後まで使いましょう。

中身排出機構については、日本エアゾール協会のホームページ(外部リンク)をご覧ください



必ず火の気のない風通しのよい屋外で穴を開けてください

中身が残ったままの状態で穴をあけたり、火の気があるところや、風通しの悪い屋内で穴を空けることは、非常に危険です。
穴を開ける専用の道具はスーパーやホームセンター等で購入できます。



問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 環境衛生係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5103 ファックス番号:0243-22-1547

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る