1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 教育・スポーツ
  4. 文化・歴史
  5. 二本松市智恵子の生家・記念館自主事業「重陽の芸術祭in智恵子」を開催します

二本松市智恵子の生家・記念館自主事業「重陽の芸術祭in智恵子」を開催します

二本松市内各所で行われている現代アートの祭典「重陽の芸術祭」とのコラボレーション企画を開催します。
当時としては珍しい女流洋画家として、明治45年6月の読売新聞に、「最も新しい女画家」として紹介され、たった一度しかない生涯を自分で選びとろうと決意した高村智恵子の世界を、現在の女性アーティストが独自の視点から表現します。
また、併せて、通常非公開の「生家2階の公開」、「奇跡」と言われる高村智恵子の「紙絵」の実物展示も、期間限定で開催しますので、ぜひご覧ください。

二本松市智恵子の生家
チラシはこちら [PDFファイル]

福井理佐展

展示場所

智恵子の生家
 ※座敷内、2階への立入は2階公開日のみ

展示期間

10月13日(土曜日)から11月25日(日曜日)
 ※開館時間内

「智恵子の生家」二階公開

智恵子を育んだ「生家」の二階は、通常立ち入りが制限されていますが、下記期間中は特別にご覧いただくことができます。

公開日

10月13日から11月25日までの間の土曜日、日曜日、祝祭日(15日)

公開時間

午前の部 9時00分~12時00分
午後の部 13時00分~16時00分

紙絵の「実物」展示

展示期間

10月11日(木曜日)から11月27日(火曜日)

展示場所

智恵子記念館

「智恵子記念館・生家」入館料

一般 410円(360円)
小中学生 200円(150円)

※( )内は、20人以上の団体料金。

来館者の方へのお願い

  • 建物内では、必ず係員の指示に従ってください。
  • 混雑状況により、入場を制限させていただくことがあります。
  • 明治期の建物のため、窮屈であったり急な箇所がありますので、十分にご注意ください。

問い合せ先

二本松市智恵子の生家・記念館
電話:0243-22-6151

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化課 文化振興係です。

電話番号:0243-55-5154 ファックス番号:0243-22-3147

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る