1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 暮らし・手続き・環境
  4. 交通
  5. 市民交通災害共済見舞金等の請求を忘れていませんか?

市民交通災害共済見舞金等の請求を忘れていませんか?

市民交通災害共済見舞金等の請求

市民交通災害共済に加入している方は、交通事故でけがをした場合、入院・通院の日数に応じて見舞金等を受け取ることができます。
交通事故により入院・通院をした際は、必要な書類等をご持参の上、市役所本庁生活環境課または各支所地域振興課へご請求ください。

 

見舞金等の支給金額表

等級

災害の程度

支給額

1

死亡した場合

1,000,000円

2

入院通院日数270日以上

300,000円

3

入院通院日数200日以上

200,000円

4

入院通院日数150日以上

150,000円

5

入院通院日数120日以上

100,000円

6

入院通院日数90日以上

80,000円

7

入院通院日数60日以上

60,000円

8

入院通院日数30日以上

50,000円

9

入院通院日数8日以上

30,000円

10

入院通院日数7日以下

20,000円

重度障害
見舞金

自動車損害賠償保障法
施行令第1級または第2級の障害

300,000円

 

請求に必要な書類等

交通事故証明書

自動車安全運転センターより発行されたもの

※お問い合わせ:自動車安全運転センター福島県事務所(電話番号:024-591-4111)

診断書

入院・通院した病院より発行されたもの

※診断書は任意の様式で構いませんが、傷病名、受傷日、受傷原因、入院・通院した日付の記載が必要です。また、病院から福島県市民交通災害用の「診断書」(リンクよりダウンロードできます)を求められることがあります。

会員証

もし紛失してしまった場合は窓口へお問い合わせください。

印鑑

認印で構いませんが、シャチハタ印等のスタンプ印では受け付けできません。

通帳等

金融機関名、支店名、預金種目、口座番号、名義人(フリガナ)が分かるものをお持ちください。

 

交通事故証明書が取得できない場合の特例

救急車で事故現場から病院等に搬送された場合

「救急搬送証明書」(消防署長または病院長より発行されたもの)により、交通事故証明書と同様に取り扱いします。

自転車事故の場合

証人(目撃者)による交通事故に関する証明書」(リンクよりダウンロードできます)により、10等級(2万円)の見舞金を請求することができます。(実際に目撃した方の署名と押印が必要です。)

人身事故証明書入手不能理由書により、保険会社から自賠責保険が支払われた場合

「人身事故証明書入手不能理由書」(保険会社より発行されたもの)、および「自認書」(リンクよりダウンロードできます)により、交通事故証明書と同様に取り扱いします。

 

請求期間

交通事故発生日から2年以内となります。
なお、見舞金支給金額の算定基礎となる治療期間は交通事故発生日から1年以内となります。

 

請求窓口

  • 本庁生活環境課
  • 各支所地域振興課

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 生活防災係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5102 ファックス番号:0243-22-4479

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る