1. ホーム>
  2. mamaになるならにほんまつ>
  3. 保育所・幼稚園>
  4. 平成31年度(令和元年度) 幼稚園・保育所・認定こども園保育料(利用者負担額)

保育所・幼稚園

平成31年度(令和元年度) 幼稚園・保育所・認定こども園保育料(利用者負担額)

平成31年度(令和元年度)の幼稚園・保育所・認定こども園に入所する子どものための教育・保育給付認定を受けた子どもの利用者負担額(保育料)は以下のとおりです。

なお、4月から8月分までは平成30年度市町村民税所得割額、9月分以降は平成31年度市町村民税所得割額で階層を決定いたします。

幼稚園・認定こども園(1号認定/保育不要)

平成31年4月~令和元年9月まで

 
階層区分 金額
(1) 生活保護世帯 0円
(2) 市民税所得割非課税世帯 0円
(3) 市民税所得割額77,100円以下のひとり親世帯等 2,450円
(3) 市民税所得割額77,100円以下の世帯 5,900円
(4) 市民税所得割額211,200円以下の世帯 7,500円
(5) 市民税所得割額211,201円以上の世帯 9,500円
  • 公立、私立同額の金額となります。(子ども・子育て支援新制度に移行していない施設は各施設で設定する金額となりますが、次の保育料助成制度があります。私立幼稚園就園奨励費(詳細はこちら)、市の保育料助成事業(詳細はこちら) )
  • (3)の区分に該当する場合は、保護者が監護する生計を一にする子どものうち、年長順に数えて第2子以降に当たる子ども、および(4)から(5)の区分に該当する場合は、小学校3年生以下の子どもを年長順に数えて第2子以降にあたる子どもは、全額助成の対象となります(市の保育料助成事業)。

令和元年10月~

 
階層区分 金額
(1) 生活保護世帯 0円
(2) 市民税所得割非課税世帯 0円
(3) 市民税所得割額77,100円以下のひとり親世帯等 0円
(3) 市民税所得割額77,100円以下の世帯 0円
(4) 市民税所得割額211,200円以下の世帯 0円
(5) 市民税所得割額211,201円以上の世帯 0円

保育所・認定こども園(2号、3号認定/保育必要)

平成31年4月~令和元年9月

階層区分

3歳未満児

3歳児

4歳以上児

標準時間

短時間

標準時間

短時間

標準時間

短時間

(1) 生活保護世帯

0円

0円

0円

0円

0円

0円

(2) 市民税非課税世帯

7,200円

7,200円

4,800円

4,800円

4,800円

4,800円

(2)市民税非課税世帯のひとり親世帯等

0円

0円

0円

0円

0円

0円

(3) 市民税所得割額48,600円未満の世帯

15,600円

15,440円

13,200円

13,040円

13,200円

13,040円

(3) 市民税所得割額48,600円未満のひとり親世帯等

7,200円

7,200円

4,800円

4,800円

4,800円

4,800円

(4-1) 市民税所得割額57,700円未満の世帯

24,000円

23,680円

21,600円

21,280円

21,600円

21,280円

(4-1) 市民税所得割額77,101円未満のひとり親世帯等

7,200円

7,200円

4,800円

4,800円

4,800円

4,800円

(4-2) 市民税所得割額97,000円未満の世帯

24,000円

23,680円

21,600円

21,280円

21,600円

21,280円

(5) 市民税所得割額169,000円未満の世帯

35,600円

35,120円

33,200円

32,030円

29,830円

26,880円

(6) 市民税所得割額301,000円未満の世帯

48,800円

48,080円

34,970円

32,030円

29,830円

26,880円

(7) 市民税所得割額397,000円未満の世帯

64,000円

63,040円

34,970円

32,030円

29,830円

26,880円

(8) 市民税所得割額397,000円以上の世帯

73,560円

70,920円

34,970円

32,030円

29,830円

26,880円

  • 上記金額は、2号認定、3号認定を受けた子どもであれば、公立、私立ともに同額となります。
  • 市の保育料助成事業により、(1)~(3)階層は全額助成、(4-1)(ひとり親世帯等を除く)~(8)階層は5,000円を助成します。
  • (4-1)の区分に該当する場合は、保護者が監護する生計を一にする子どものうち、年長順から数えて第2子以降の子ども、(4-2)から(8)の区分に該当する場合は、未就学児のみで数えて第2子以降の子どもは、全額助成の対象となります。

令和元年10月~

階層区分

3歳未満児

3歳以上児

標準時間

短時間

標準時間

短時間

(1) 生活保護世帯

0円

0円

0円

0円

(2) 市民税非課税世帯

0円

0円

0円

0円

(2)市民税非課税世帯のひとり親世帯等

0円

0円

0円

0円

(3) 市民税所得割額48,600円未満の世帯

15,600円

15,440円

0円

0円

(3) 市民税所得割額48,600円未満のひとり親世帯等

7,200円

7,200円

0円

0円

(4-1) 市民税所得割額57,700円未満の世帯

24,000円

23,680円

0円

0円

(4-1) 市民税所得割額77,101円未満のひとり親世帯等

7,200円

7,200円

0円

0円

(4-2) 市民税所得割額97,000円未満の世帯

24,000円

23,680円

0円

0円

(5) 市民税所得割額169,000円未満の世帯

35,600円

35,120円

0円

0円

(6) 市民税所得割額301,000円未満の世帯

48,800円

48,080円

0円

0円

(7) 市民税所得割額397,000円未満の世帯

64,000円

63,040円

0円

0円

(8) 市民税所得割額397,000円以上の世帯

73,560円

70,920円

0円

0円


・ひとり親世帯等とは

・利用する保護者が母子及び父子並びに寡婦福祉法に規定する配偶者のない者

・同一世帯に身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者がいる世帯

・同一世帯に特別児童扶養手当及び国民年金の障害基礎年金の受給者がいる世帯 となります。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子育て支援課 保育所幼稚園係です。

電話番号:0243-55-5112 ファックス番号:0243-22-1547

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭に戻る
スマートフォン用ページで見る