ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 東日本大震災関連情報 > 学校給食の放射性物質簡易測定の結果(平成23年度)

学校給食の放射性物質簡易測定の結果(平成23年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

市では、原発事故に伴う放射性物質について、学校給食の安全性を確認し安心な給食を提供するため、簡易測定を実施しています。
平成23年度に測定した結果は、以下のとおりです。

食材検査(市放射性物質測定センター測定分)

平成24年1月から、市放射性物質測定センターにおいて各給食調理場の輪番による食材検査を実施してきました。
これまで、市放射性物質測定センターで実施した放射性物質測定結果は、次のとおりです。

※測定器の検出限界値は10Bq/Kgです。検出限界値未満のものについては、「検出せず」と表記しています。
※簡易測定器のため、自然界の放射性物質をヨウ素として検出してしまうことがあります。ヨウ素欄に数値が掲載されている場合でも、ヨウ素の半減期が約8日であることから、現在ではヨウ素が検出されることはないと考えられます。

参考(委託検査)

市放射性物質測定センター以外で、これまで委託により実施した放射性物質測定結果は、次のとおりです。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロード

このページの先頭へ