ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

物産情報 食品加工

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日更新

格調高く、ゆかしい味わい

ふるさとの大地に育ち、人々の舌に磨きあげられた美味。
風土にもまれながら、知恵と工夫が育てたふるさとの味に人々の心が宿る。

お店の紹介(本庁管内)

安達・岩代・東和の食品加工

漬物について

二本松市で作られる加工食品には、漬物が多く見られます。漬物は、我が国を代表する大きな特色をもった食べ物です。
漬物は、古くから副食物として扱われ、各地方によって独特の風味をもった保存食として重宝されてきました。漬物には、塩加減、保存の温度などが大きく影響し、一般的には寒い地方ほど味の良いものが多いといわれています。これは、寒い地方では秋に漬物の製造を怠ると、冬中の食物に困り家族の栄養を維持することができなかったためです。二本松も例外ではなく、当時は各家族において盛んに製造されていたようです。
現在、二本松で作られている漬物は、地元で収穫される野菜を使ったものが多く、きゅうり漬け、山ごぼう漬け、わさび漬け、たまり漬け、木耳漬け、山野菜漬けなどがあります。それ以外の加工食品では、温泉名物のラジウム卵、高級焼麩、味噌、まめ味噌、山椒味噌、醤油、納豆があり、変わったところでは、みしらず柿、こんにゃくそうめんなどがあります。