ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 農業・産業・ビジネス > 商工業 > 中小企業等支援制度 > 平成29年度二本松市中心市街地活性化実践事業補助金の募集を開始します

平成29年度二本松市中心市街地活性化実践事業補助金の募集を開始します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月8日更新

中心市街地活性化のために自主的かつ実践的な活動を行う商業者組織及びまちづくり団体等を支援し、もって中心市街地の商業振興を図ることを目的とします。

対象団体

商店会、まちづくり団体 等

  • 中心市街地で活動する組織が対象です。
  • 複数の商店会による実行委員会組織も含みます。
  • まちづくり団体とは、中心市街地内のまちづくり活動を自主的に行うために地域の住民を中心に組織された団体です(NPO法人含む)

対象事業

事業名活用例
中心市街地商店街への誘客を目的とする商業者組織による共同事業個店や商店街の魅力づくり・新たな販売戦略・サービス研修会
中心市街地を訪れる人の利便性向上を目的とするサービス事業

街なかサロン・休憩スペースの設置、共通ポイントカードシステムの導入買物弱者への支援事業

中心市街地の回遊性向上を目的とする案内誘導事業案内看板の設置、通りの装飾、景観向上事業、イルミネーション事業
中心市街地のPRを目的とする情報発信事業情報誌の作成、情報展示ブースの設置
中心市街地への外国人観光客誘客を目的とする環境整備事業

免税手続きカウンターの設置、Wi-Fi機器の設置、クレジットカード等の決済端末の設置、外国人観光客向けの接客研修会の開催

補助額等 ※1,000円未満切捨

区分補助率
新規事業で、地域において先駆的または先導的な役割を担うと認められる事業10分の10以内
先駆的、先導的な新規事業の2年目、または既存の事業に新しい要素を追加して行うことにより発展拡大が期待できると認められる事業3分の2以内
上記以外の事業2分の1以内

対象経費

区分内容
報償費講師謝金
賃金事業に必要な臨時的人件費
旅費講師旅費
消耗品費

事業に係る消耗品、イルミネーション資材購入費
※ただし、抽選等の景品に係る経費は対象外とします。

燃料費機材燃料代
光熱水費電気料、ガス代、水道料
食料費会議お茶代、講師弁当代
印刷製本費チラシ・ポスター・情報誌等作成費、会議資料コピー代
通信運搬費郵送料、資材運送料
手数料・保険料保険料、申請手数料
広告宣伝費折込広告料、新聞等広告掲載料
委託料業者委託費、研修会開催委託費
使用料・賃借料会場使用料、機材賃借料
原材料費加工用原材料費
備品購入費

免税手続きカウンターの設置、Wi-Fi機器の設置、クレジットカード等の決済端末の設置
※事業実施に必要であり、申請団体が今後事業を継続するために必要であるものに限ります。

対象外となる経費

  • 個人(個店)の資産となると認められる経費
  • 屋台の仕入れ費用等、販売を目的とするものと認められる経費
  • 食料費のうち、嗜好品と認められる経費
  • 委託料のうち、計画策定や調査研究にかかる委託経費
  • 補助対象経費全体の2分の1以上を占める委託料または備品購入費
  • 事業で使用したものとして明確に区分できない経費
  • 補助金の交付決定前に支出している経費
  • 他団体等への負担金、助成金等の支出
  • 団体の人件費や一般管理費等の運営経費
  • 市内の他団体が補助事業等によらずに同種事業を実施している場合の事業経費

申請スケジュール

事業の採択にあたっては、申請を受付した順番ではなく、内容を審査した上で決定します。

※予算額を上回る申し込みがあった場合は、事業の採択に際してこれまで採択されていない事業を優先させていただく場合があります。

募集期間

  • 一次募集:平成29年6月1日(木曜日)~平成29年6月30日(金曜日)
  • 二次募集:平成29年9月8日(金曜日)~平成29年11月10日(金曜日)

※受付時間:午前9時~午後5時
※土日祝日を除きます。

内容審査

  • 一次募集:平成29年7月3日(月曜日)~平成29年7月中旬
  • 二次募集:平成29年11月10日(金曜日)~平成29年11月中旬

交付決定通知

  • 一次募集:平成29年7月中旬
  • 二次募集:平成29年11月下旬

申請受付場所および問い合わせ先

本庁産業部商工課商工振興係
住所:〒964-8601 二本松市金色403-1
電話:0243-55-5120

補助金手続きの流れ

1 交付申請(申請者→市)

事業開始前に次の書類を提出してください。

記入例

2 内示(市→申請者)

内示の審査にあたり、必要に応じて市から追加の説明や資料の提出を求める場合があります。

3 交付申請(申請者→市)

事業開始前に次の書類を提出してください。

記入例

4 交付決定(市→申請者)

5 変更申請(申請者→市)

交付決定後に申請内容を変更する場合は次の書類を提出してください。

記入例

6 事業の開始(申請者)

必ず補助金交付決定または変更交付決定を受けてから事業を開始してください。

7 実績報告(申請者→市)

すべての事業経費を支払ってから14日以内に次の書類を提出してください。

記入例

8 確定通知(市→申請者)

補助金確定の審査にあたり、必要に応じて市から追加の説明や資料の提出を求める場合があります。

9 補助金交付請求(申請者→市)

記入例

10 補助金交付(市→申請者)

二本松市中心市街地活性化実践事業補助金交付要綱

補助金交付要綱 [PDFファイル/173KB]

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Adobe Readerダウンロード

Wordファイルの閲覧には、製品版のMicrosoft Wordをご利用していただくか、Microsoft Word Viewer(無償)が必要です。 お使いのパソコンにMicrosoft Wordがインストールされていない場合、Microsoft Word Viewerをインストールすることで、ワードファイルの閲覧・印刷などが可能になります。

Microsoft Word Viewerダウンロード