ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 動物・ペット > 動物関係 > 狂犬病予防注射について

狂犬病予防注射について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月25日更新

生後91日以上の犬を飼っている方は、毎年1回狂犬病の予防注射を受け、注射済み票の交付を受けなければなりません。
注射済票は、常時犬につけてください。
予防注射の接種は、市が4月から6月にかけて行う定期集合予防注射において受けるようにしましょう。
なお、動物病院でも受けることができます。

定期集合予防注射

定期集合予防注射は4月中旬に行っています。
4月に注射できなかった場合は6月に再度行いますが、早めの接種をお奨めします。
登録済みの飼い主の方には、注射場所・月日等についてハガキ等によりお知らせします。
広報紙等にも掲載しますのでご覧ください。
狂犬病予防集合注射の日程については、平成26年度狂犬病予防集合注射日程のページをご覧ください。

なお、平成26年4月より消費税が増税されることにより狂犬病予防注射の料金が下記の料金に改定されました。

定期集合予防注射に要する費用
 畜犬登録料注射代注射済票
交付手数料
未登録犬3,000円2,650円550円6,200円
登録済犬-2,650円550円3,200円

動物病院での注射

県獣医師会県北支部安達方部に属する動物病院では、登録および注射済票の交付が出来ますので、受診した病院で手続きください。
なお、安達方部以外で注射を受けた場合は、獣医師の発行した「狂犬病予防注射済証明書」を生活環境課または各市所地域振興課に持参し、「注射済票」の交付を受けてください。

お問い合わせ先

  • 生活環境課環境衛生係
    電話:0243-55-5103
  • 安達支所地域振興課市民福祉係
    電話:0243-23-1225
  • 岩代支所地域振興課市民福祉係
    電話:0243-65-2816
  • 東和支所地域振興課市民福祉係
    電話:0243-66-2526