1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 暮らし・手続き・環境
  4. 暮らし・手続き・環境のお知らせ
  5. 持続化給付金「申請サポート会場」が開設されます

持続化給付金「申請サポート会場」が開設されます

国では、新型コロナウイルス感染症の影響によりひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者を対象に持続化給付金(中小法人等は最大200万円、個人事業者等は最大100万円※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限)を支給しています。

持続化給付金

持続化給付金に関するお知らせはこちら [PDF形式/816.98KB]

給付額

  • 法人:最大200万円
  • 個人事業者:最大100万円

ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

給付対象者

商工業に限らず、以下を満たす幅広い業種が対象です

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、ひと月の売上が前年同月比で50パーセント以上減少している事業者。
  • 2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者。
  • 法人の場合は、以下のいずれかの要件を満たす事業者。
    ・資本金の額または出資の総額が10億円未満
    ・上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2,000人以下の事業者

 ※2019年に創業した方や売上が一定期間に偏在している方などには特例があります。
 ※一度給付を受けた方は、再度給付申請をすることはできません。

給付の申請については、持続化給付金申請要領(中小法人等向け) [PDF形式/3.24MB]、持続化給付金申請要領(個人事業者等向け) [PDF形式/2.7MB]をご確認ください。

申請サポート会場

二本松市では、オンライン申請が困難な方のために「申請サポート会場」が二本松商工会議所に5月28日(木曜日)から開設されます。

申請方法

会場での申請には、事前に予約を行った上で、申請補助シートの記入、必要書類の印刷、持参が必要になります。

  1. 事前予約
  2. 申請補助シートの記入
  3. 必要書類の印刷、持参

事前予約や申請に関する詳細は、事前予約や申請に関する専用サイト(外部リンク)をご覧ください。
なお、お電話での予約は、次にお問合せください。

自動音声ガイダンス受付専用ダイヤル

0120-835-130(受付時間:24時間予約可能)
※ 自動音声ガイダンスに従って申請開場を予約できます。
※ 申請の際は会場番号が必要となります。二本松会場の会場番号は「0707」です。

オペレーター対応による電話予約窓口

0570-077-866(受付時間:平日、土日祝日ともに午前9時から午後6時)
※ オペレーターが対応し、申請会場の予約ができます。

必要書類

中小法人等

  • 確定申告書類
    ・確定申告書別表一(1枚)
    ・法人事業概況説明書(2枚)
    少なくとも、確定申告書別表一の控えには収受日付印が押されていること。
    e-Taxを通じて申告を行っている場合、これに相当するものを提出してください。
  • 2020年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等
    ・対象月の売上台帳等
    ・売上台帳として確認できる書類について
    ※給与明細、通帳の写し、レシート、請求書等は認められません。
    ※対象となる【売上月】を記載してください。
    ※対象となる売上月の【売上額】の【合計】を記載してください。
    ※売上額が0円の場合は、【対象となる売上月】の売上額が【0円】であることを明確に記載してください。
  • 通帳の写し
    銀行名、支店番号、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人が確認できるもの

 個人事業者等

  • 確定申告書類(青色申告)、または確定申告書類(白色申告)
    ・確定申告書第一表(1枚)
    ・所得税青色申告決算書(2枚)
    ・確定申告書第一表(1枚)
    ※収受日付印が押されていること。
  • 2020年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等
    ・対象月の売上台帳等
    ・売上台帳として確認できる書類について
    ※給与明細、通帳の写し、レシート、請求書等は認められません。
    ※対象となる【売上月】を記載してください。
    ※対象となる売上月の【売上額】の【合計】を記載してください。
    ※上額が0円の場合は、【対象となる売上月】の売上額が【0円】であることを明確に記載してください。
  • 通帳の写し
    銀行名、支店番号、支店名、口座種別、口座番号、口座名義人が確認できるもの
  • 本人確認書の写し
    ・運転免許証(両面)(返納している場合は、運転経歴証明書で代替可能。)
    ・個人番号カード(オモテ面のみ)
    ・写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)
    ・在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。) (両面)
    ※いずれの場合も申請を行う月において有効なものであり、記載された住所が申請時に登録する住所と同一のものに限る。
    ※なお、(1)から(4)を保有していない場合は、(5)または(6)で代替することができるものとします。
    ・住民票の写しおよびパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方
    ・住民票の写しおよび各種健康保険証の両方
    ※上記「1」については、確定申告の実施状況に応じて、青色申告または白色申告に係る書類を提出してください。
 

【原則】
確定申告書第一表の控には収受日付印が押印(受付日時が印字)されていること、e-Taxによる申告の場合は「受信通知」を添付することが必要です。

【例外1】
収受日付印(税務署においてe-Taxにより申告した場合は、受付日時の印字)または受信通知のいずれも存在しない場合には、提出する確定申告書類の年度の「納税証明書(その2所得金額用)」(事業所得金額の記載のあるもの)を提出することで代替することができます。この場合、収受印等のない確定申告書第一表の控え、および所得税青色申告決算書の控えを用いることができます。

【例外2】
例外1によることもできず、「納税証明書(その2所得金額用)」による代替提出がない場合も申請を受け付けますが、内容の確認等に時間を要するため、審査に通常よりも大幅に時間を要したり、給付ができない場合があります。

注:納税証明書の取得のために税務署への来署される方が増えており、発行までにお時間をいただく場合があります。なお、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からも、オンライン請求をぜひご利用ください(請求日当日の受取を指定された場合には、発行までにお時間をいただく場合がありますので、翌日以降の日の受取をご指定ください。)。
詳しくは国税庁のHPをご覧ください。

その他

二本松商工会議所のほか、県内8か所で申請サポート会場が開設されます。

持続化申請サポート会場一覧 [PDF形式/773.59KB]

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工課 商工振興係です。

電話番号:0243-55-5120 ファックス番号:0243-22-8533

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る