1. ホーム
  2. 広報
  3. 報道発表(プレスリリース)
  4. 記者会見
  5. 2020年(令和2年)8月26日記者会見

2020年(令和2年)8月26日記者会見

2020年8月定例記者会見

令和2年9月定例会提出事件概要について(発言要旨)

お忙しいところご参集を賜り、誠にありがとうございます。

市議会9月定例会は、9月1日、火曜日に招集いたしますが、今期定例会への提出事件は、報告が2件、議案は、決算の認定19件、条例制定8件、補正予算5件の合計32件であります。

このうち、主な議案の概要につきまして、ご説明申し上げます。

 

まず、決算関係でありますが、議案第76号一般会計歳入歳出決算では、地方交付税等が予算額を上回って確保されたこと、さらに経費の節減や市政改革に努めた結果、その収支は、

  • 歳入総額 33,458,766千円
  • 歳出総額 31,090,316千円
  • 収支差引 2,368,450千円

の黒字決算となり、翌年度に繰り越すべき財源を差引いた実質収支額は1,474,583千円の黒字となったものであります。

主要な施策の詳細については、別冊の「成果説明書」をご覧いただきたいと存じます。

なお、報告第20号健全化判断比率及び資金不足比率においても示しておりますが、令和元年度の実質公債費比率は9.9%、将来負担比率は53.2%となり、いずれも財政の早期健全化のための計画を定めなければならないとされる基準を下回っているところであります。

 

次に、決算以外の議案について説明申し上げます。

議案第101号学童保育所条例の一部改正については、二本松市原瀬学童保育所を新たに開設するため、所要の改正を行うものであります。

 

次に、補正予算の説明を申し上げます。

議案第103号令和2年度一般会計補正予算につきましては、現計予算の総額に歳入歳出それぞれ1,876,828千円を追加し、予算総額を  46,691,797千円とするものであります。

歳出について、主なものを申し上げますと、

  • 寄附金を受けての国際交流基金積立金の増額に1,000千円
  • 原瀬学童保育所開設及び新型コロナウイルス感染症対策に伴う学童保育事業費の増額に13,436千円
  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が懸念される中での季節性インフルエンザの流行抑制を図るための予防接種委託料の増額に2,480千円
  • 新規就農者支援事業費の増額に6,750千円
  • 二本松市内限定旅行クーポンを追加発行する観光振興事業費の増額に36,000千円
  • 新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ市内観光需要の回復を図るための情報発信・イベント等に対し支援を行う、まつり・イベント等助成事業費の増額に30,000千円
  • 道路補修に係る修繕料及び補修資材費の増額に37,000千円
  • 各小中学校が実施する新型コロナウイルス感染症対策に要する経費に対し補助を行うなど感染症対策事業費の増額に32,516千円
  • 7月28日の集中豪雨に係る土木施設災害復旧事業費として9,000千円
  • 同じく、農業用施設災害復旧事業費として25,050千円

などを措置したものであります。

そのほか新型コロナウイルス感染症対策として、スカイピアあだたら等の観光施設をはじめ、市民会館・城山体育館等の社会教育・体育施設などにある手洗器の自動水栓化を図る経費を計上いたしました。

また、令和元年度決算の実質収支の黒字額1,474,583千円を受けまして、健全な財政運営を図るための措置として、財政調整基金に750,000千円、減債基金に500,000千円、地域振興整備基金に50,000千円を積み立てることといたしました。

 

歳入においては、普通交付税の本算定結果を受けまして、普通交付税及び臨時財政対策債の増額を行うとともに、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金など必要な財源を措置したところであります。

 

以上が、提案申し上げる議案の概要であります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書政策課 秘書広報係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5096 ファックス番号:0243-24-5040

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る