1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 暮らし・手続き・環境
  4. 暮らし・手続き・環境のお知らせ
  5. 令和3年度二本松市新型コロナウイルス感染症対策店舗等衛生環境改善事業補助金【追加募集】の募集は終了しました

令和3年度二本松市新型コロナウイルス感染症対策店舗等衛生環境改善事業補助金【追加募集】の募集は終了しました

募集は終了しました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止と市内経済の早期回復を図るため、市内に店舗等を有する中小企業者等が衛生環境の改善に取り組む事業等の費用に対し、その費用の一部を予算の範囲内で補助します。

《注意事項》

  • 募集期間は、令和3年8月10日(火曜日)~令和3年8月13日(金曜日)です。
  • 受付は原則として先着順で行い、100件に達した時点で締め切ります。
    (受付開始時点で申請見込件数が100件を超える場合は抽選となります。)
    ※詳細はこちらを確認してください。
  • 受付は以下の窓口持参による提出とします。
    ◎8月10日(火曜日) 
     1階市民ホール特設窓口
    ◎8月11日(水曜日)~13日(金曜日)
     市役所2階商工課窓口
  • 原則として市内業者によって施工または購入するものに限ります。
  • 受付時審査で「申請書類を記入していない」「添付書類をそろえていない」場合は受け付けません。
  • 1事業者につき年度内に1回のみ申請が可能です。
  • 同一の申請者が複数の申請手続きをするなどの行為があった場合は、当該申請者のすべての申請を受け付けません。

対象者

中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者等で次のいずれかに該当する方が対象となります。

  • 市内に主たる事業所を有する法人または個人
  • 上記を構成員とする任意団体

要件

  • 二本松市暴力団排除条例第2条第1号から第3号までの規定に該当していないこと。
  • 市税の滞納がないこと。
  • 関係法令に違反していないこと。
  • 「補助対象経費」について二本松市または他補助制度により補助金等の交付を受けていないこと。

対象業種

小売業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業(理容業、美容業およびクリーニング業等)、娯楽業、不動産取引業、療術業、学習塾など、接客を伴う業種

対象外となる要件

  • 風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号。以下「風営法」)第2条第1項第1号から第5号の営業で、床面積の合計が100平方メートルを超える店舗
  • 風営法第2条第5項に掲げる性風俗関連特殊営業を営む店舗

対象事業等

衛生環境改善事業

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、福島県が策定している福島県飲食業等における新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン(福島県ホームページ))のほか、国が業種別に定めたガイドライン(内閣府ホームページ)に基づく感染拡大予防のための衛生環境を改善させるための事業

◎飲食を提供する店舗にあっては福島県の「ふくしま感染防止対策認定店」制度(外部リンク)における認定ステッカーを取得することを条件とします。
 なお、認定ステッカーの取得状況は実積報告書の提出時に確認するため、申請書提出時には添付不要です。

対象経費

新型コロナウイルス感染症対策のためのガイドラインに沿って実施する衛生環境の設備の設置および改修に係る消耗品費、備品購入費、工事費等
※対象となる「店舗等」については、事業のために専用しており、かつ、不特定多数の一般の客へ対応する場所とします。
 (事務所、従業員の休憩室、厨房、作業場、工場、倉庫などは対象外です)
※備品や消耗品は、一般の客が使用するものに限ります。
 (従業員や出入する業者が使用するものは対象外です)

対象となる経費の例

〇手洗い場の自動化(非接触型)に係る新設費および改修費
パーテーションの新設費、改修費および(備品購入費(例:衝立、仕切り、ロールパーテーション、手作りパーテーション材料費)
不特定多数の人が触れる場所を自動化(非接触型)する経費(例:センサー式自動ドアなど)
換気設備(例:換気扇、サーキュレーターなど)の新設費および交換費、網戸設置費
換気ができない場所への換気機能付き空調設備の新設費および交換費
二酸化炭素測定器の購入費
非接触式体温計(サーモカメラ)の購入費
一般の客用のマスク、消毒液、除菌シート、衛生用手袋、ハンドソープ等の衛生消耗品費(ただし、数量等過大であると認められる場合は、一部補助対象外
 とすることがあります。)

対象外の経費

×人件費
×専門家謝金および旅費
×光熱水費および燃料費
×文房具など事務用品の消耗品費
×名刺、求人広告、金券および商品券に係る経費
×行政手続きに係る経費
×店舗以外の部分への新設費および改修費
×店舗における売り場部分以外への新設費および改修費
×パソコン、コピー機、プリンター、FAX、レジ等の事務用機器の購入費および修繕費
×LEDライトの購入費および修繕費
×パソコン更新のための経費、ソフト等購入費、ドメイン維持費およびサーバー維持費
×店内を清掃するなど一時的な効果しか見込めないもの
×フィルター式の空気清浄機など、ウイルスに対する効果が見込めないもの

補助金の額

30万円以内、1,000円未満切捨

申請方法(募集は終了しました)

募集期間

令和3年8月10日(火曜日)~令和3年8月13日(金曜日)
午前8時30分~午後5時

申請件数が100件に達した時点で受付を締め切ります。
(受付開始時点で申請見込件数が100件を超える場合は抽選となります。)
◎申請を待つ方の人数により、受付時間を指定することがあります。

提出方法

申請書類と添付書類を作成し、直接持参による提出とし、受付時審査を行います。
(申請内容を把握している方が申請書を持参してください。)
◎受付時審査で「申請書類を記入していない」「添付書類をそろえていない」場合は、受け付けません。不備をなくした上で、再度、整理券を受け取ってください。
◎代理の場合など、1人につき2件以上の申請書の提出はできません。

提出先

8月10日(火曜日)

市役所1階市民ホール特設窓口

【申請受付の流れ】
午前8時から整列を行い、午前8時30分から45分まで市役所正面玄関前で整理券を配布します。
※整理券を配布された方が100名を超えた場合、抽選を行います。
※申請を待つ方の人数により、受付時間を指定することがあります。
※整理券を受け取る方は、同一の申請者につき1人とします。
※午前8時より前の市役所正面玄関前での場所取り・順番待ちは禁止とします。

※詳細につきましては、概要[PDF形式/460.18KB]をご確認ください。

8月11日(水曜日)~13日(金曜日)

市役所2階商工課窓口
※申請を待つ方の人数により、受付時間を指定することがあります。

【お願い】

ご来庁の際は、マスク着用の上、検温・手指消毒等の感染症対策にご協力ください。

お問い合わせ先

二本松市 産業部 商工課 商工振興係
住所:〒964-8601 二本松市金色403番地1
電話:0243-55-5120

注意事項

  • 1事業者につき年度内に1回のみ申請が可能です。
  • 補助金の交付決定にあたっては、最終的に内容を審査した上で決定します。
  • 令和3年4月1日(木曜日)以降、新たに補助対象事業を行う場合に対象となります。
    ※令和3年3月31日(水曜日)以前に実施している事業は対象になりません。
  • 令和3年12月28日(火曜日)までに実施する(支出する)経費のみ補助対象となります。
    ※令和3年3月31日(水曜日)以前に支出した経費は補助対象となりません。
  • 補助対象経費と明確に区分できない経費は、補助対象となりません。
  • 備品および消耗品について、過大なものについては、審査の結果、補助対象外とすることがあります。
  • 経費の見積書は必ず添付してください。
  • 備品および消耗品は、申請書にカタログ等製品を説明する資料(写し可)を必ず添付してください。
    ※空調設備や空気清浄機を申請する場合は、その製品が、換気やウイルス抑制に効果があることが明記されている資料を添付してください。
  • 備品の設置・設備の改修等の場所の図面(配置図)を必ず添付してください。
    ※内容が分かれば、手書きのものでも可とします。
  • 原則として市内業者によって施工または購入するものに限ります。
    ※市外業者による経費は補助対象外とします。既に購入したものであっても、市外業者から購入したものについては補助対象外とする場合があります。
  • 本補助金については、課税対象となります。所得申告の際は、必ず事業所得(雑収入)として算入してください。

補助金手続きの流れ

1.交付申請(申請者→市)

次の書類を作成し提出してください。

記入例

添付書類

  • 事業の内容および積算内容を確認できる書類
    (1)見積書の写し ※必須
    (2)購入する製品のカタログ ※必須
     ※空調設備や空気清浄機を申請する場合は、その製品が、換気やウイルス抑制に効果があることが明記されている資料を添付してください。
    (3)設置および改修する箇所が分かる図面 ※必須
     ※内容が分かれば、手書きのものでも可とします。
  • 市税納税確認同意書 [WORD形式/31.5KB]または納税証明書(課税がない者にあっては、課税証明書)
  • 風俗営業許可証の写し ※該当する業種の場合
  • 構成員の名簿(申請者が団体の場合に限る。)
  • 振込先の口座番号等を確認できるもの(通帳の2枚目の写し)

2.交付決定通知(市→申請者)

交付決定の審査にあたり、必要に応じて追加書類の提出および現地調査を行います。

3.変更申請(申請者→市)

交付決定後に申請内容を変更する場合は変更申請が必要になりますので、事前に市へ連絡してください。
なお、変更申請をした場合であっても、最初に交付決定を受けた額が補助金の限度額となります。

4.事業実施(申請者)

発注、施工、購入、支払いなどを行ってください。
飲食を提供する店舗にあっては、認定ステッカーの取得手続きを行ってください。

5.実績報告(申請者→市)

補助対象事業が完了した日から14日以内に次の書類を提出してください。

記入例

添付書類

  • 事業の内容と積算内容を確認できる書類(請求書の写し等)
  • 補助対象経費の領収書の写し
  • 事業の実施状況が確認できる写真および成果物等
  • 飲食を提供する店舗にあっては、ふくしま感染防止対策認定店制度において認定後に交付された認定ステッカーが店舗に掲示された写真
    福島県感染症対策認定店ステッカー

6.確定通知(市→申請者)

補助金確定の審査にあたり、必要に応じて現地調査を行います。

7.補助金交付請求(申請者→市)

8.補助金交付(市→申請者)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工課 商工振興係です。

電話番号:0243-55-5120 ファックス番号:0243-22-8533

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る