1. ホーム
  2. 広報・広聴
  3. 報道発表(プレスリリース)
  4. 記者会見
  5. 2021年(令和3年)10月19日記者会見

2021年(令和3年)10月19日記者会見

※会見の内容は動画でもご覧いただけます。

会見内容

1 新型コロナワクチン接種の現状と今後の計画

本市の新型コロナワクチンの接種状況につきましてご説明します。

まず、ワクチンの接種状況につきましては、現在、12歳以上の方を対象に、各医療機関での「個別接種」、市民交流センターで実施しております「日曜集団接種」により、安達医師会の協力のもとワクチンの供給量に合わせ接種の促進を図っているところであります。10月19日現在、国のVRS(ワクチン接種記録システム)上の数値で申し上げますと、

  • 市内の65歳以上の高齢者人口18,775人に対し、1回目の接種を終えた方は、17,772人で接種率は94.66%、
  • 2回目を終えた方は17,606人で接種率は93.77%、
  • 12歳以上の市民の接種率は人口48,939人に対し、1回目の接種を終えた方は40,673人で83.11%、
  • 2回目を終えた方は34,464人で70.42%

となっております。

なお、1回目の接種済者と予約済で今後接種を予定されている方を併せた割合は、87.26%となっております。

現在、予約枠の開放を11月7日まで行っておりますが、予約を希望する方については、すぐに予約可能な状態となっております。

ワクチン接種の終了見込みにつきましては、今後12歳の誕生日を迎える方の予約受付と接種は継続して実施して参りますが、希望する方の予約は11月7日までの開放期間内に全て入るものと見込んでおり、概ね11月中には終了する予定であります。

 

2 「二本松市岳温泉交流広場」の愛称の決定および愛称発表セレモニーの開催について

二本松市岳温泉交流広場の愛称を募集いたしましたところ、103点の応募をいただき、その中から最も岳温泉に相応しい愛称を決定いたしました。

その愛称は、「岳温泉ニコニコ広場」であります。命名者は、市内在住の大橋(おおはし)賢司(けんじ)さんで、ネーミングの理由は、「ニコニコ共和国があった場所として、その時代を知らない世代にも伝えていきたい。」ということであります。

なお、愛称発表のセレモニーにつきましては、10月30日(土曜日)午前11時30分から行うことといたしました。

セレモニーでは、命名者の表彰、愛称プレートのお披露目などを予定しております。また、岳温泉観光協会による「岳温泉秋祭り」も同時に開催され、こども縁日や地元ミュージシャンのライブ、湯守り映画の上映などが予定されております。

この愛称決定を機に、多くの方に岳温泉や安達太良山を訪れていただき、これまでにない新たな交流が図られますように、市といたしましても、岳温泉観光協会や関係する皆様と一層連携して、この広場の有効活用を図って参りたいと考えております。

 

3 公徳心高揚運動の推進について

二本松市公徳心高揚運動推進協議会では、社会的ルールやマナーを守る気風を育て、美しい郷土を維持するため、幅広い啓発活動や全市的な事業を行っています。

市民の皆様が、日常生活の中で積極的に公徳心高揚運動を実践し、住みよいまちと、本市を訪れた方々が心温まるまちづくり、さらには青少年の健全育成を推進するため、11月6日(土曜日)午前6時30分から、霞ヶ城公園、郭内公園、安達ヶ原公園において、小・中学生をはじめ各種団体、地域の方々による都市公園清掃を実施いたします。市民の皆様にはご理解とご協力をお願いいたします。

なお、新型コロナウィルス感染症予防対策として、参加者にはマスクの着用をお願いいたします。

 

4 市議会令和3年10月臨時会の提出事件概要について

市議会10月臨時会を、10月21日(木曜日)に招集いたしますが、今臨時会は、新型コロナウイルス感染症対策に係る事業者支援等に係る予算について提案するものであります。

それでは、提出事件の概要を説明申し上げます。

提出事件は、議案第109号令和3年度一般会計補正予算の1件であります。

今回の予算補正については、新型コロナウイルス感染症対策に係る事業者支援等の経費について措置するもので、現計予算の総額に歳入歳出それぞれ4,572万6千円を追加して、予算総額を327億8,317万4千円とするものであります。

歳出の主なものを款別に申し上げますと、

農林水産業費で

  • 感染症対策として米の消費拡大及び事業者を支援するための米消費拡大推進事業に 4,921千円

商工費で

  • 感染症対策として商工団体が実施する事業者支援事業に対し補助を行う商工振興事業費の増 8,000千円
  • 感染症の影響を受けた事業者を支援するための商店街等活性化推進事業費の増 15,555千円
  • 感染症の影響により減少した観光客の回復を図るための観光立市推進事業費の増 16,000千円

などであります。

また、歳入においては、歳出に関連する特定財源を精査のうえ計上いたしました。

以上が提案申し上げました議案の概要であります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書政策課 秘書広報係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5096 ファックス番号:0243-24-5040

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る