1. ホーム
  2. 暮らし 市民の方へ
  3. 市政情報
  4. 選挙
  5. 特例郵便等投票について

特例郵便等投票について

新型コロナウイルス感染症で宿泊・自宅療養等をされている方で、一定の要件を満たす場合、郵便等により投票することができます。

対象となる方

新型コロナウイルス感染症の患者または入国後の待機者であって、次のいずれかに該当する方のうち、宿泊療養者または自宅療養者が対象となります。

  • 感染症法または検疫法の規定による外出自粛要請を受けた方
  • 検疫法の規定による隔離または停留の措置を受けて宿泊施設内に収容されている方

注意事項

  • 投票用紙等の請求時点で、既に外出自粛要請等期間が終了している方は、特例郵便等投票を行うことはできません。
  • 濃厚接触者の方は、特例郵便等投票の対象ではありません。投票のため外出することは「不要不急の外出」には当たらず、投票所等において投票していただいて差し支えありません。(せっけんでの手洗いやアルコール消毒をし、マスクを着用いただくといった必要な感染拡大防止対策等にご協力をお願いします。)

特例郵便等投票の請求について

郵便等により投票される方は、以下のチラシ等をご確認のうえ、請求書を印刷および記入し二本松市選挙管理委員会までお送りください。

注意事項

  • 請求の際に利用する封筒については、請求書等様式にあります「受取人払郵便物の表示」を印刷し、定形郵便に収まるサイズの封筒の表面に貼付してご使用ください。切手等は不要です。
  • 封筒を投函する際には、請求書等を入れた封筒を、宛名がわかるようにファスナー付きの透明のケース等に封入し、表面をアルコール消毒液を吹きかけて拭きとる等により消毒してください。(ファスナー付きの透明のケース等が入手困難な場合は、自宅にある透明のケース、袋等に入れ、テープで密封し、表面を消毒してください。)その上で、同居人、知人等(患者ではない方)に投かんを依頼してください。
  • 特例郵便等投票の請求期限は、選挙期日の4日前まで(必着)です。

罰則

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁錮または30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁錮または30万円以下の罰金))が設けられています。

特例郵便等投票制度の手続説明動画について

総務省が作成した特例郵便等投票における手続きの流れを説明する動画です。

(1)「特例郵便等投票」の投票用紙等の請求手続のご案内(外部サイト)

(2)「特例郵便等投票」の投票手続のご案内(外部サイト)

総務省「特例郵便等投票」について

https://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/tokurei_yuubin.html(外部サイト)

周知用チラシ

請求書等様式

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは選挙管理委員会事務局です。

電話番号:0243-55-5146

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る