1. ホーム
  2. 仕事 働く方へ
  3. 農林
  4. 福島県森林環境税の活用について(森林環境学習)

福島県森林環境税の活用について(森林環境学習)

市では、森林を全ての県民で守り育てる意識の醸成や森林整備による森林環境の保全に資する事業として二本松市内の小、中学校で森林環境学習を行い(財源:福島県森林環境税)、森林の果たす役割や森林を守り育てることの重要性、また、林業への関心を高める学習の場を提供しました。

令和3年度の実施状況

実施校

小学校16校 中学校7校

主な学習内容

  • 岳ダム、山ノ入ダム、二合田用水路等を見学し、森林により豊かな水が供給されていることを学習した。
  • フォレストパークあだたら等で森林学習を行った。
  • 学校周辺等で森林や生き物の観察や周辺の森林環境整備を行った。
  • 木のコースターや木の実のリースなどの木材を材料とした作品を作った。
  • 和紙伝承館で紙漉き体験を行い、木材から紙ができることを学習した。
  • キーホルダー等の木工作品を作り、木にふれる時間を設け、森林の大切さを学習した。

二本松市内の各学校の森林環境学習のために使われた福島県森林環境税

令和3年度 3,192,000円

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業振興課 農地林業係です。

電話番号:0243-55-5118 ファックス番号:0243-22-8533

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

二本松市公式ウェブサイトをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る