暮らし 市民の方へ

災害で住まいが被害を受けたとき、最初にすることは【被害状況を写真で記録しましょう】

もしも被災した時には…

災害により、住まいが被害を受けた時は、あまりのショックに、何から手を付けたら良いか分からなくなるかもしれません。

被災者の方々が一日も早く日常の生活を取り戻せるように、行政も可能な限りの支援に動き出します。
その支援をスムーズに受けながら、一歩ずつ再建を進めていくためにも、まずは、片付けや修理の前に、被害状況を写真で撮って保存しておきましょう。

市から罹災証明書を取得して支援を受ける際や、保険会社に損害保険を請求する際などに、たいへん役に立ちます。
ポイントは、家の外と中の写真を撮ることです。

家の外を4方向から撮影家の中の被災状況を撮影

内閣官房及び内閣府において、「災害で住まいが被害を受けたとき 最初にすること~被害状況を写真で記録する~」(1分動画)を作成いたしましたので、「政府インターネットテレビ」サイト(外部リンク)も参考にご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課 生活防災係です。

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

電話番号:0243-55-5102 ファックス番号:0243-22-4479

メールでのお問い合わせはこちら