目的の情報を探し出す便利な検索

助成・手当

  • デジタル分野などの社員教育に人材開発支援助成金をご活用ください
    国では、令和4年4月から国民の皆さまのアイディアをもとに「人への投資促進コース」が創設されました。  高度デジタル人材の育成のための訓練や、IT分野未経験者の即戦力化のための訓練等に対して助成金が交付されます。
  • 多世代同居住宅改修助成金支給事業
    子育て支援と高齢者支援を促進することで、定住人口の増加を図るため、新たに三世代以上が同居するために住宅を改修する方に多世代同居住宅改修助成金を支給します。
  • 一般不妊治療費助成事業
    二本松市では、不妊治療を行う夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療費の一部を助成を行っています。
  • 保育所・幼稚園・認定こども園等保育料の助成
    子育て世帯の経済的負担を軽減する目的で、保育所および幼稚園保育料の一部または全額を助成します。
  • 軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業
    この事業は、聴覚障がいによる身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴児の保護者に対し、予算の範囲内で補聴器購入費用の一部を助成し、難聴児の言語の習得やコミュニケーションの向上を促進し、福祉の増進を図るものです。
  • 在宅酸素療法者酸素濃縮器等利用助成事業
    呼吸器機能障がいもしくは心臓機能障がいまたは疾病等(筋ジストロフィー、筋萎縮性側索硬化症、重度心身障がい)により全身性の障がいを有する方で、常時酸素濃縮器または人工呼吸器を利用している方に対し、電気料の一部(月額1,000円)を助成します。
  • タクシー料金等助成事業
    身体障害者手帳が下肢・体幹機能障がい1~2級、視覚障がい者1級または療育手帳「A」の方に対し、タクシー料金または自家用車両の燃料代(600円の利用券を年間24枚交付)の助成をします。
  • ひとり親家庭のための医療費助成
    ひとり親家庭の親と児童(18歳未満)および父母のない児童のために医療費の一部を助成します。
このページの先頭に戻る