目的の情報を探し出す便利な検索

特定外来生物-オオキンケイギク、オオハンゴウソウについて

 二本松市内において、オオキンケイギクやオオハンゴウソウが目撃されています。

 初夏から秋にかけてきれいな花を咲かせる植物ですが、これらは「特定外来生物」に指定されており、摘み取って持ち帰ったり、自宅や道路上に植えたりすることは法律で禁止されています。

特定外来生物とは

 「特定外来生物」とは、日本国内に持ち込まれた外国原産の生物で、生態系や人間の身体及び生命、農林水産業等に特に悪影響を及ぼす恐れがあるとして指定された生物であり、飼育や栽培、生きたままの運搬が禁止されています。

 

オオキンケイギク

 北米原産のキク科多年生草本。草丈は0.3~0.7mほどで、コスモスに似た黄色の花と細長いへら状の葉が特徴である。花期は5~7月頃。

オオキンケイギク(1)オオキンケイギク(2)

オオハンゴウソウ

 北米原産のキク科多年生草本。草丈は0.5~3.0mにも及び、直径6~10cmほどの鮮やかな黄色の花を咲かせる。花期は7~10月頃。

オオハンゴウソウ(1)オオハンゴウソウ(2)

 

オオキンケイギク、オオハンゴウソウを見つけたら

 オオキンケイギクやオオハンゴウソウは繁殖力が非常に強く、野放しにすると在来種の生存を脅かす恐れがあります。          

 これらは、播種や根の飛散防止対策に十分留意したうえで駆除・処分することが可能です。

個人で駆除する場合

(1)根元から株ごと引き抜き、種子や根を落とさないように密閉して枯死させる。

(2)ごみ処理場やごみステーションまで運搬し、「燃やせるごみ」として処分する。

 

自治会やボランティア団体等で駆除する場合

(1)地域の回覧板や掲示板、各種メディア等を利用して、駆除を行う主体や日時、場所等を事前に公表する。

(2)駆除完了後、種子や根の落下防止措置を適切にとったうえでごみ処理場まで運搬し、処分する。

 

関連リンク

環境省「特定外来生物等一覧:日本の外来種対策」

環境省「外来生物対策-オオキンケイギクについて」

 

 

このページの内容に関するお問い合わせ先

生活環境課

〒964-8601 福島県二本松市金色403番地1

アンケート

二本松市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
メール認証のためのメールアドレスをご入力ください。
  • 【ID】12142
  • 【更新日】2024年6月13日
  • 【アクセス数】
印刷する
このページの先頭に戻る